• TOP
  • 診療メニュー|小児歯科・矯正歯科

お子様の大切な歯を守ってあげたい

お子様の大切な歯を守ってあげたい

子どもの乳歯は、いずれ抜けて永久歯に生え替わる歯。それゆえに「少しくらい虫歯になっても大丈夫……」と軽く考えてはいませんか? いいえ、乳歯の虫歯は決して甘く見てはいけません。乳歯の時期に虫歯があると、永久歯への正しい生え替わりを阻害したり、永久歯まで虫歯にしてしまったりする確率を高めてしまうのです。

つまり、乳歯の時期から虫歯に気をつけることが必要になります。日進市の歯医者「つぼなか歯科クリニック」の小児歯科・矯正歯科では、お子様のお口の健康をお守りする診療を行っています。お子様の歯についてのお悩みは、お気軽に当院までご相談ください。

当院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導 シーラント

ブラッシング指導

シーラント

お口の健康を維持するためには、毎日の正しいブラッシングがとても重要です。そこで一人ひとりのお子様に合った、歯ブラシの選び方、持ち方、動かし方、また行うタイミングなどを、しっかり指導します。もちろん、仕上げみがきのコツもお教えします。 奥歯には深く複雑な溝があり、そこに食べカスが溜まって虫歯になりやすくなります。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋め、虫歯を予防します。
フッ素塗布 PMTC

フッ素塗布

PMTC

フッ素には歯質を強くする効果があり、定期的に歯の表面に塗布することで虫歯予防につながります。痛みもない処置ですので、とくに虫歯になりやすい乳歯や生え替わったばかりの永久歯への処置をおすすめします。 歯科の専門家が専用の器具を使って行う、歯のクリーニング(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。日ごろのブラッシングではどうしても落としきれない汚れを徹底的に取り除き、虫歯・歯周病予防につなげるとともに、口臭も改善します。
» PMTCについて詳しくはこちら

矯正治療にも対応しています

矯正治療にも対応しています

やわらかい食べ物が増えるなど食生活が変化したことにより、咬む回数が減って顎が十分に育たないことから、歯並びが乱れる子どもが増えています。歯並びの乱れは見た目が気になるうえに、ブラッシングがしにくいことから虫歯や歯周病の原因になったり、顎関節にかかる力のバランスが崩れて顎関節症を招いたりすることもあります。

当院では歯並びが気になるお子様に対し、精密検査を行ったうえで一人ひとりに合った矯正治療の方法をご提案します。治療は、矯正治療について豊富な実績を持つ、信頼のおける専門医と提携して進めますので、安心してご相談ください。

小児矯正ではこんなことをします
ブラッシングの基本や歯並びに影響する悪癖への正しい知識を身につける

ブラッシングの基本や歯並びに影響する悪癖への正しい知識を身につける

すぐに永久歯に生え替わるから……と乳歯の虫歯を放置すると次に生えてくる永久歯も虫歯になりやすくなったり、歯並びに影響してしまったりすることもあります。一人ひとりに合ったブラッシング方法を覚えたり、爪咬み、指しゃぶり、頬杖など歯並びを乱す悪習慣をなくしたり、正しい知識を身につけていきましょう。

顎の骨の成長を正しく導きます

顎の骨の成長を正しく導きます

上下の歯が、通常と反対に咬み合っている場合、顎の骨の成長バランスを乱してしまうことがあります。顎の成長をコントロールする装置を装着して咬み合わせを改善し、顎の骨格形成を正しく導きます。装置には取り外しできるものや固定式のものなどさまざまなタイプがあります。

永久歯が正しく生えるためのスペースをつくる

永久歯が正しく生えるためのスペースをつくる

まだ乳歯の歯が小さいうちに虫歯になってしまったり、6歳臼歯(第一大臼歯)が通常より前方に生えてしまったりすると、永久歯が生えるためのスペースがなくなることがあります。乳歯が抜けてしまったすき間を他の歯が邪魔しないようにしたり、6歳臼歯を正しく導いたり、顎の骨を広げて永久歯がきれいに並ぶよう十分なスペースを確保するなどの処置をします。

できるだけ負担の少ない装置を使用する

できるだけ負担の少ない装置を使用する

大人でも口の中に装着した矯正装置は気になるものです。子どもならなおのこと嫌がるでしょう。見た目のコンプレックスをなくしたいと思って始めた矯正治療が、さらにコンプレックスになってしまっては本末転倒です。そこで、当院ではなるべく精神的負担の少ない装置を使用します。

お子様のこんな歯並び、気になっていませんか?

お子様のこんな歯並び、気になっていませんか?

小児矯正治療は、歯並びや咬み合わせなどの状態とお子様の成長に合わせて、しっかりと治療計画を立て、治療を進めていきます。矯正治療はいつからでも始められますが、より有効な時期がありますので、気になることがある方はお早めにご来院ください。

[6歳ごろ~]上下の顎の大きさの差が激しい

[6歳ごろ~]上下の顎の大きさの差が激しい

いわゆる出っ歯や受け口など、顎のズレが明確である場合は、取り外し式の装置を装着して骨格の成長を正しく促していきます。早いうちに骨格を改善することで咬み合わせも正しくなり、歯並びの乱れを防ぐこともできます。装置は在宅時のみ装着、就寝時のみ装着などさまざまなタイプをご用意しています。

[8歳ごろ~]上の前歯にすき間がある

[8歳ごろ~]上の前歯にすき間がある

上の前歯の中心に1~3mm程度のすき間があっても、通常は隣の永久歯や糸切り歯が生えてくることによって自然に閉じていきます。永久歯がある程度生えてくるまで経過観察をしてみましょう。もしこれ以上の間が空いている、なかなか閉じる気配がないという場合は、レントゲン撮影をして顎の骨や歯ぐきに問題がないか診ていきます。

[8歳ごろ~]上の前歯がガタガタしている

[8歳ごろ~]上の前歯がガタガタしている

前後が逆に咬んでいる場合は顎の成長が妨げられることがあるので、リンガルアーチ(舌側矯正)やワイヤーブラケットを用いて早めに正しい歯並びに導きます。また八重歯は保隙(ほげき)装置を使って歯が生えるスペースを確保して正しい位置に促します。この時点で永久歯をきれいに誘導できれば、本格的な成人矯正治療が不要になることもあります。逆に、あまりにもガタガタ度合いが重度である場合は、計画的に抜歯をして将来の成人矯正に備えます。

[8歳ごろ~]下の前歯がガタガタしている

[8歳ごろ~]下の前歯がガタガタしている

顎の骨格が成長途中である年頃では、まだ顎が小さいので下の歯が多少ガタガタするのはよくあることです。ガタガタした歯並びは顎が成長するにつれて、だんだんとならされていきますが、加減が著しい場合や改善が見込めない場合は意図的にスペースを確保する施術をします。状況によっては乳歯や永久歯を抜歯することもあります。

~お母様の立場に立った診療体制~

小さなお子様をお持ちのお母様にとって、歯科通院は大変な一仕事ではないでしょうか。当院では、そんなお母様の立場に立った診療をご提供できるよう努めています。

通いやすい医院設計 お子様のお悩みサポート

通いやすい医院設計

お子様のお悩みサポート

当院ではお子様の診療を、キッズ専用の診療ルームで行いますので、もしお子様が泣いてしまっても気兼ねされる必要がありません。またベビーカーのまま移動していただけるつくりになっていますので、安心してご来院ください。 「歯医者には何歳から行けばいいのかしら?」「うちの子の歯並びは大丈夫?」「食育について教えてほしい」など、お子様の歯のこと、予防のことなどさまざまなご質問にいつでもお答えします。お母様一人で抱え込まず、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。

歯医者さんは怖くない~お子様のデンタルトレーニングについて~

歯医者さんは怖くない~お子様のデンタルトレーニングについて~

残念ながら、大人の方でも「歯医者さんが好き!」という方はあまりいらっしゃらないでしょう。小さな子どものならなおのこと。初めての歯医者さんでは「何をされるのかわからないから怖い……」「薬のにおいがする……」「イヤな音がする……」と、不安がいっぱいです。ファーストインプレッションで「歯医者さん=痛い・怖い」とマイナスイメージを持たれてしまうと、その後の通院にも響きます。そこで、当院ではお子様のためのデンタルトレーニングに取り組んでいます。

デンタルトレーニングって何をするの?

緊急時を除き、歯医者さんに来ていきなり治療するのではなく、歯医者さんはお口をきれいにする楽しいところと思ってもらえるように、時間をかけて環境に慣れていただきます。

STEP1. 診察用のイスに座って、歯医者さんと仲良くなろう

STEP2. 診察用のイスに座って、歯医者さんと仲良くなろう

診察用のイスに座って、歯医者さんや歯科衛生士さんとお話して仲良くなりましょう。楽しくお話しできるようになったら、もう歯医者さんは怖い人ではありません。

STEP2. どんな器具があるのかな?

STEP3. どんな器具があるのかな?

いろんな器具に触ってみましょう。実際に治療機器や器具を目で見て触って慣れていただくことで抵抗なくお口に入れられるようになります。どんなふうに使うのかも知ることができます。親御さんが治療している様子を見ていただくこともできます。

STEP3. お口の中に器具を入れてみよう

STEP4. お口の中に器具を入れてみよう

器具をお口の中に入れる練習をしてみましょう。バキュームなど使う時に音がする器具もあるからちょっとびっくりするかもしれないけど、痛くないから大丈夫。

STEP4. ここまで来たら大丈夫!さっそく治療スタート

STEP5. ここまで来たら大丈夫!さっそく治療スタート

歯医者さんがどんなことをするのか、するとどうなるのかを優しく説明しながら治療を進めます。お子様の表情など細かいところに気を配りながら、できるだけ無痛治療に努めます。