歯が痛い・しみる(一般歯科)

虫歯という病気について

[画像]口元に手をあてる女性

  • 歯の黒いところが気になる
  • 歯に穴が空いている
  • 歯に物がつまる
  • 冷たい物がしみる
  • 熱いものがしみる
  • 歯が痛い

こんな症状はありませんか?

歯垢(プラーク)のなかにすみつく虫歯菌が、お口のなかの糖分から酸をつくり出し、歯を溶かしていく病気が虫歯です。 虫歯の初期段階は自覚症状がほとんどないため、症状がある程度進行し痛みが伴うようになってはじめて、多くの方が虫歯だと自覚されるようになります。
虫歯はごく初期のものをのぞき、自然治癒することはありません。虫歯に気づかないふりをしても、悪化していくだけです。「虫歯かな」と思ったら、どうぞお早めにご来院ください。
当院では虫歯になってしまった本当の原因をさぐり、根本的に改善できるよう治療計画を立てています。

虫歯の原因と対処法

[画像]原因その1 虫歯菌
原因その1 虫歯菌

→

虫歯菌は歯垢のなかにすみつきます。
毎食後の歯みがきやフロス、歯科医院でのクリーニングを利用して、歯垢をしっかり除去することが大切です。

[画像]原因その2 糖分
原因その2 糖分

→

糖分は虫歯の栄養源!
ジュースやお菓子など甘いものは摂りすぎないように注意しましょう。

[画像]原因その3 歯みがきのタイミング
原因その3 歯みがきのタイミング

→

食後30分程度で虫歯菌のはたらきが活発になると言われています。
虫歯菌が活発になる前に歯みがきをする習慣をつけることが理想的です。

PAGE TOP

虫歯の進行段階と一般的な治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
[画像]ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。
まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。
適切な歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
[画像]エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。
冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
[画像]象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。
冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)やレジン(歯科用プラスチック)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
[画像]神経まで達した虫歯
神経まで虫歯が進行した状態。
熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
[画像]歯根まで達した虫歯
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。
痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。
多くの場合、抜歯が必要です。
抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

PAGE TOP