自分に合う入れ歯がほしい(入れ歯)

しっかり使える入れ歯をおつくりします

[画像]笑顔の女性

「噛みにくい」「使いにくい」「違和感が強い」などマイナスのイメージを持たれがちな入れ歯ですが、きちんと調整して患者様のお口にフィットさせることで、品質の良い入れ歯をおつくりすることができます。
また、現在では審美性・機能性ともに優れた自費診療の入れ歯も多く登場しています。
興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

[画像]笑顔の男性

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いを比較してみました。
機能性・審美性ともに自費診療の入れ歯のほうが優れていますが、保険の入れ歯でもきちんと調整することで問題なく日常生活を送れる品質のものをつくることができます。
保険の入れ歯・自費の入れ歯でお悩みの方は、まずはご相談いただければと思います。

  保険診療 自費診療
費用 安価 高価
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ 様々な素材から選べる
構造 簡易的 様々な構造から選べる
見た目 入れ歯だと気付かれやすい とても自然に仕上がる
装着感 耐久性を持たせるため厚みが必要で、違和感がでやすい 薄くできる素材などもあり、全体的に違和感が少ない

PAGE TOP

つぼなか歯科クリニックの取扱入れ歯

ノンクラスプデンチャー
[画像]ノンクラスプデンチャー
金属のバネを使わずに装着する入れ歯です。
素材が柔らかいため大きく曲げても割れることがありません。
金属のバネを使わないので審美性にも優れ、周りの健康な歯にダメージを与えることもありません。
マグネットデンチャー
[画像]マグネットデンチャー
残っている歯と入れ歯に超小型の磁石を埋め込み、磁力によって装着する入れ歯です。強力な磁石を使用するため、ぴったりと吸いつくような優れた装着感が実現。金属のバネを使わないので見た目も自然ですし、ほかの健康な歯にダメージを与えることもありません。
金属床義歯
[画像]金属床義歯
歯ぐきにあたる部分が金属でできた入れ歯です。
保険の入れ歯よりも薄くつくることができるため装着感が自然で、見た目の違和感も抑えられています。
また、厚みがないため食べものの味や温度が伝わりやすく、食事をより楽しめるという特徴もあります。
オーバーデンチャー
いま残っている歯のうえから被せるように装着する入れ歯です。
歯を支えにして装着するのでしっかりフィットし、違和感が大幅に抑えられています。
入れ歯の構造がシンプルで、修理などのメインテナンスがしやすく長期にわたって使えるという特徴もあります。
インプラントデンチャー
[画像]インプラントデンチャー
インプラントに義歯を固定するタイプのオーバーデンチャーです。
すべての歯を失った場合でも、この方式ならオーバーデンチャーと同じメリットを得ることができます。

患者様にとってベストな方法を

[画像]考える女性

保険の入れ歯にするのか自費の入れ歯にするのか、あるいはインプラントにするのかなど、迷われていることがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。
当院ではしっかりとカウンセリングをしたうえで、患者様にとってベストな方法をお選びいただけるよう、分かりやすくご説明しています。
歯科医師だからといって偉ぶるのではなく、患者様と同じ目線でご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP