噛めるようになりたい(インプラント)

審美性・機能性に優れたインプラント

[画像]口元に手をあてる女性

インプラント治療とは、歯を失った部分のあごの骨に人工歯根を埋入し、その上から人工歯を被せることで噛む力を回復させる治療です。
埋め込んだ人工歯根があごの骨と強固に結合するため自然な噛み心地で、硬いものでもしっかり噛むことができます。
また、被せる人工歯にセラミックのものを用いれば見た目もとても自然で、いつまでも若々しさを保つことができるというのも大きな特徴です。

院長:壺中 隆行

  • ICOI(国際口腔インプラント学会)認定医、指導医
  • USC(南カリフォルニア大学)歯学部客員研究員

インプラント治療を担当させていただくのはICOI(国際口腔インプラント学会)認定医、指導医であり、USC(南カリフォルニア大学)歯学部客員研究員でもある院長です。
インプラント治療の専門的な知識や実績と、歯科医療全般における豊富な知識を活かして治療を行っています。
口腔内全体の診査・診断を行い、歯や歯ぐきと骨、あごの関節、噛み合わせ、身体、全体でのバランスを考慮し、最良の治療結果をご提供したいと考えています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 見た目が自然で美しい違和感がない
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合、治療を受けられないケースがある

PAGE TOP

お気軽にご相談ください

[画像]電話をかける女性

インプラント治療はしっかり噛める、見た目に目立たない、ほかの歯にダメージを与えないなどのメリットがありますが、決して手軽な治療ではありません。
ですから、治療を受けるかどうかで悩まれている方も多いと思います。
インプラント治療でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。
どんな些細なご質問でも、遠慮なくお尋ねいただければと思います。しっかりとカウンセリングをして、分かりやすくご説明させていただきます。

入れ歯とインプラント、どっちがいいの?入れ歯についてはこちら

PAGE TOP