歯ぐきから血が出る(歯周病)

歯周病を改善して大切な歯を守りましょう

ひとつでもあてはまったら、歯周病のおそれあり

歯周病とは

[画像]悩む女性

歯周病とは歯周病菌により引き起こされる病気のことで、歯ぐきの腫れや出血などはその代表的な症状。
進行すると歯ぐきだけでなく歯を支えるあごの骨にもダメージを与え、治療せずに放置すると最終的には歯を失ってしまうこともあるおそろしい病気です。
日本における歯を失う原因の第一位で、日本人の成人の約8割が患者、あるいは予備軍とされています。

歯周病の進行段階

初期 中期 末期
歯ぐきが腫れ、歯をみがいたときに出血することがあります。 腫れや出血がさらにひどくなった状態です。
膿が出ることもあり、口臭も強くなってきます。
歯がぐらつくようになり、放置しているとやがて歯が抜け落ちてしまいます。

つぼなか歯科クリニックの治療メニュー

初期 歯みがき指導[画像]歯みがき指導 おもに、ごく初期の歯周病に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯みがきの方法をアドバイスします。
スケーリング[画像]スケーリング 比較的初期の症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。
中期 スケーリング、ルートプレーニング
(デブライドメント) [画像]デブライドメント
複雑な形状の器具を使って、歯周ポケットの深い部分から歯石をかき出す処置です。歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去し、歯周病の改善をうながします。

中期~末期にかけての治療の、歯周外科手術・歯周組織再生療法も行えます。
歯周病の治療は、歯みがき指導からメインテナンスまですべてを含めて、はじめて治療がなりたちます。


PAGE TOP